相場について 

それでは実際に不倫の慰謝料を請求する場合、どのくらいのお金を受け取ることができるのでしょうか。相場としては一般的には100万円から300万円の範囲内となることが多いです。ただし、これはあくまでも相場であり、それぞれの状況や事情によって大きく数字は異なります。たとえばその不倫が原因となって別居や離婚をするかどうかによっても金額は異なるでしょう。場合によっては50万円程度となったり、300万円以上請求できたりするケースもあるのです。

妊娠それでは慰謝料が高額になるのはどのようなケースなのでしょうか。基本的に回数が多いケースや、あるいは不倫相手と同棲をしているようなケースだと増額されるでしょう。不倫行為によって妊娠や出産などが生じたならば、金額は高額になりやすいです。不倫をしていたことを否定して嘘をついていた場合は、その事実が発覚すれば悪質であると判断されるために増額されます。

このようにさまざまな条件をチェックしながら慰謝料が決定されるのです。基本的に不倫をされた方の精神的なダメージが大きいかどうかが基準となります。相場通りの額を請求して、それを相手が認めなければ最終的には訴訟をすることになるでしょう。裁判所が慰謝料の額を決めてくれるのです。

関連サイト_弁護士法人アディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料が発生する

もし自分の配偶者が不倫をしているならば慰謝料を請求できることがあります。実は不倫されたからといって絶対に慰謝料を請求できるとは限らないのです。それぞれの状況によって、請求できるかどうかが異なります。

そもそも、慰謝料が発生する場合、請求相手には主に3パターンあります。それは配偶者のみと、不倫相手のみ、さらに配偶者と不倫相手の両方に請求するというケースもあります。ただし、発生する損害額の総額は変わらないため、それぞれから慰謝料を二重取りすることはできません。

慰謝料請求配偶者に対する慰謝料請求ではこれから離婚をするかしないのかが重要な問題となります。離婚しない場合には慰謝料を請求しないことが多いです。慰謝料を請求したとしても、それは夫婦の共通するお金がそれぞれの財布から移動しただけだからです。一方、不倫相手に対する慰謝料請求に対しては、離婚をした場合も離婚しない場合でも請求できるケースがあります。

ただし、不倫相手に対しては慰謝料を請求できないケースもあります。請求するためには不倫相手に故意や過失があることを証明しなければいけなくて、さらには不貞行為によって権利の侵害を受けたことが重要となります。そのため、すでに夫婦生活が破綻していた場合には慰謝料請求が認められないこともあるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不倫の慰謝料について

結婚をして仲の良い夫婦生活を送っている方はたくさんいるのですが、中にはさまざまな問題を抱えている夫婦も存在します。特に最近は夫婦に関する問題が話題になることが増えているでしょう。

夫婦の問題の一つとして不倫があります。これは夫か妻が配偶者以外の異性と不貞行為をするというものです。このような不倫は昔から行われているのですが、最近は特に問題視されています。不倫をしたとしても、そのことを許して夫婦関係を続けるというケースもあるのですが、それをきっかけとして離婚をしてしまうこともあります。もう以前のような関係に戻ることができないと不倫をされた側が思ってしまうのです。

慰謝料不倫をされてそれで離婚をする場合には慰謝料を請求することが多いです。慰謝料というのはその人の精神的なダメージに対して支払われるものです。このような慰謝料を請求する権利というのはしっかりと認められているものであり、それを請求すれば不倫をした側はしっかりと慰謝料を支払わなければいけないのです。そのような義務があります。

それでは不倫をされた場合に実際にどのようにして慰謝料を請求できるのでしょうか。どのようなケースで慰謝料が発生するのか、どのくらいの慰謝料が発生するのか気になる方は多いでしょう。このような多くの方が気になっている問題について説明しましょう。慰謝料のことはなかなか知る機会がないでしょう。今後のためにもぜひとも慰謝料に関する知識を役立ててください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket